社員研修の目的と従業員の離職率の低下

社員研修の目的の1つは、スキル習得です。
従業員が何か仕事を行うにしても、スキルが求められます。
ですが新入社員は、必ずしもハイレベルなスキルを習得しているとは限らないので、スキルを覚えるための研修も行われている訳です。
それだけではありません。
離職に関する目的もあります。
会社によっては、従業員の離職率に関する悩みを抱えている事があります。
従業員がすぐに辞めてしまうからです。
しかし社員研修を行ってみると、離職率が低くなる事もあります。
研修では、成功体験させる事もできます。
新入社員に何か課題を与えてみて、それに成功してもらう訳です。
一旦成功すると、新入社員としてもやりがいを実感してくれますから、離職率が低くなるケースもあります。
企業にとっては、従業員の定着率は軽視できません。
従業員が離職してしまいますと、また新たな人材を雇わなければなりません。
それを防ぐ為にも、新入社員に対する研修はしっかり行っておく方が良いでしょう。