社員研修は何日間ぐらい行われるのか

多くの企業では、社員研修は行っています。
少なくとも入社初日には、たいてい研修が行われます。
従業員に現場で活躍してもらう為にも、基礎的なノウハウは教えておく必要がありますから、研修も行われる訳です。
ただし研修の日数は、企業によって異なります。
例えばある企業の場合は、2日間かけて社員研修を行っています。
セキュリティや心構えなどの基礎知識を、机上で教えています。
そうかと思えば、2週間かけて研修が行われている企業もあります。
現場で仕事をする前に覚えておくべき知識が色々あるので、2週間ぐらいかけてじっくり研修を行っている企業もあります。
研修期間は、1週間ぐらいの企業もあります。
ただし1ヶ月ぐらいかけて研修を行っている企業は、あまり見かけません。
長くても2週間ぐらいです。
研修は、長ければ良い訳ではありません。
長い時間をかけて研修を行うというより、中身の濃い指導をする方が望ましいです。
ですから2日ぐらいかけて中身の濃い研修を行い、3日目あたりから現場にデビューさせている企業も多いです。